0歳 0ヶ月~3ヶ月 のお母さんと子どもの遊びを紹介

大好きなママとあそぼう!0歳 0ヶ月~3ヶ月


ママと一緒にあそぶことによって、子どもは安定して成長していきます。スキンシップには、体の発育を促したり、ストレスを減らしたりする効果があります。下の図を参考にして愛情をたっぷりそそいであげてください。

マザリーズ1 0ヶ月から

マザリーズ1 0ヶ月から
あそび方
常にゆっくりとした口調でやさしく語りかけてあげましょう。天気の良い日には、外気浴をしながら語りかけるのもよいですね。まだ言葉は話せませんが、お母さんの息づかいや話し方のリズム、声の調子などにお子さんの脳はしっかり反応しています。
効果
発語を促す。
お母さんの語りかけは「マザリーズ」を呼ばれ、乳児期のお子さんの心と知能をはぐくむうえで、最高の効果があるといわれている。

マザリーズ2 2ヶ月頃から

マザリーズ2 2ヶ月頃から
あそび方
2ヶ月ごろになると、はっきりと目が見えてきます。あやすと笑ったり、声を出したりするようになり、表情も豊かになります。笑顔でしっかりと答え、お子さんの名前を呼びながらあやすようにしましょう。信頼関係の源泉です。
効果
発語を促す。母親がわかる。
言葉の意味は理解できなくても、お母さんの表情や、声の調子を脳にインプットし、自分からも声を出せるようになる。

いないいないバア 3ヶ月頃から

いないいないバア 3ヶ月頃から
あそび方
(1)お母さんが自分の顔を手で隠し「いないいないバア!」と言って顔を出します。お子さんが声を出して笑うようでしたら、今度は反対にお子さんの顔を手でおおって同じように繰り返します。
(2)次は、ハンカチを使って1と同じようにあそびます。バリエーションをつけて、繰り返しあそびましょう。
効果
安定した母子関係の強化を図る。
いろいろな刺激を与えて、言葉の発達を促す。

にぎにぎじょうず 1ヶ月~3ヶ月頃から

にぎにぎじょうず 1ヶ月~3ヶ月頃から
あそび方
(1)把握反射を利用して、お母さんの指を握らせながら、腕を交差してあげましょう。
(2)赤いもの、音の出るものに赤ちゃんは興味を示します。「ガラガラ」や「オルゴールメリー」などを使って積極的に働きかけましょう。
効果
手で握るトレーニング。人の顔を見つめる。
目で見て、音を聞いて、手を伸ばすといった動作をすることで、脳への刺激が高まり、発達上の効果があります。

どんなおもちゃが効果的? 大好きなママとあそぼう! ママと運動タッチング ママの心理チェック!