資格・職業紹介

インテリアプランナー


資格取得難易度

民間資格

難易度

合格率

62.8%(H13) ※インテリアプランナー試験(1次)

住宅やオフィスなどのインテリア空間を、設計の段階から施工管理にいたるまでトータルに担当する専門家。 インテリアコーディネーターが完成された空間をデザインするのに対し、インテリアプランナーは設計前の段階からデザインに携わる点が大きく異なる。 例えば、ホールを建設する場合、インテリアプランナーならば、舞台をどこに置くか、天井の高さをどのくらいにするかなども考慮して、設計図を作る。また、仕事の領域は幅広く、住宅からオフィス、商業施設まで至る。満22歳以上からしか受験できず、学歴に応じた実務経験も必要だ。

受験資格を得るには

受験資格を得るためには実務経験が必要だが、学歴によりかなりの違いがある。 学ぶ内容の専門性を考えても、大学の関連学部に進学するのがベストだ。 洗練されたセンスが必要なことはもちろん、建築士と同程度の知識と技能も要求される。

資格取得までのプロセス

資格取得までのプロセス
職業・資格適性診断スタートページへ | [ 感性派タイプ ]ページヘ