山口県公立高校入試の合否判定基準、学力検査点、内申点、推薦入試情報、傾斜配点情報

山口県 公立高校入試情報(平成18年度)


高校入試 合否判定基準

山口県の合否判定方法は特殊型
★内申点と学力検査点の比重は同等。

yamaguchi.gif

前段選抜(重複型)
→第1志望者のみを対象。
内申点と学力検査点の両方が、募集定員内に定めた一定のラインの中にあれば原則として合格。
後段選抜(加算型)
→第2志望者・前段選抜不合格者を対象。
内申点と学力検査点の合計点が高い受験生から順に、調査書の「特別活動の記録」などを総合的に評価して合格者を選抜。


高校入試 学力検査点

各教科50点満点で評価
数学 50点
英語 50点
国語 50点
理科 50点
社会 50点

250点満点


高校入試 内申点

調査書の評価は1〜3年の成績(絶対評価)
評定の記載方法、調査書点の算出方法は非公表。


高校入試 推薦入試情報

全日制課程の学科(一部の普通科以外)で実施。
入学定員の50%以内で各高校が定める。
※ただし、体育コースは70%以内で各高校が定める。

推薦書、調査書、志望理由書、面接および小論文・実技などの検査の結果
を資料として、総合的に合格者を決定する。


高校入試 傾斜配点情報

傾斜配点の方法は、学校指定方式と生徒指定方式の2種類。
生徒指定方式 岩国総合(総合学科) 自己申告の1教科を2倍
久賀(普通) 自己申告の1教科を1.5倍
防府西(総合学科) 自己申告の2教科を各2倍
宇部中央(普通) 自己申告の2教科を各2倍
光(普通) 自己申告の2教科を各1.5倍
学校指定方式 山口(理数) 数学・理科を各1.5倍
宇部(理数) 数学・理科を各1.2倍
防府商業(国際経済) 英語を1.2倍


入試トピックス

●山口県に設置されている高校の課程・学科(コース)概要

高校には学習形態の違いによって全日制・定時制・通信制の課程がある。また学習内容によって普通科・専門学科・総合学科がある。

課程 学科(コース) 学校数
全日制 普通科   41校
普通コース (3校)
専門学科 農業系学科 7校
水産系学科 1校
工業系学科 12校
商業系学科 8校
家庭系学科 4校
看護・福祉系学科 2校
理数科 6校
英語科 1校
総合学科   5校
定時制 普通科   8校
専門学科 工業系学科 4校
商業系学科 2校
通信制 普通科   1校
専門学科 衛生看護科 1校
※学校数はそれぞれの課程や学科を設置している校数(分校も含む)。
戻る